恋人とセフレ、両者の間に格差はあるのでしょうか

セフレってどうしても、普通の男女関係とは違いますよね、言葉で説明するといろいろな定義があると思うんですが、とりあえず結婚している男女の関係だったら、セフレという言葉なんて絶対に使わないはずですし、やっぱり体だけの関係、どうしても我慢できない欲求不満を感じた時に求めあう男女の関係というイメージが強いのです。

私は実際にそのようなイメージを持っていますし、私の他にも同じようなイメージを持っている人は機と多いと思うのです。
欲求不満を解消させてくれる存在がセフレだったら、どうしてもそういう男女関係は、普通の男女関係よりもランクが下だというイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。

たまにですが、出会い系サイトを利用して求められるのはせいぜいセフレの関係だけだという人がいます。
実際にはその人の利用し方次第でどのような出会いであっても実現できるのが出会い系サイトだと思うのですが、せいぜいセフレの関係しか、出会い系サイトを利用してもゲットできないというようなマイナスの言い方をするんだったら、それはやっぱり、セフレの関係というものを、少なくとも恋人同士の関係よりはしただろうと考えている人が多い証拠だと思うのです。
実際私の友人も、セフレという関係についてはあまりいいイメージを持っていないようでした。
出会い系サイトを利用して求める男女の出会いといえばどうしても、セフレの関係というイメージがあるので、セフレという関係によいイメージを持っていなければ、出会い系サイトを利用している人たちについてもあまりいいイメージを持っていないということになるでしょう。

私は出会い系サイトを利用してセフレを求めているのですが、当然のことながらそんなことは友人に相談できません。
まあ特に苦労はしなくても、セフレの一人くらい簡単にゲットできるだろうと思っていたのですが、そんなふうに考えていた私はどうやら考えが甘かったようです。

出会い系サイトを利用していると確かに男女の出会いのチャンスはたくさんもたらされるのですが、それはあくまで出会いがもたらされるというだけの話で、出会いのチャンスをどう生かせるかというのはあくまで自分次第なのです。

メル友として知り合うだけだったら、正直それほどむつかしくないと思います。
実際、私は結構長い間にわたって出会い系サイトを利用していて、様々な種類のサイトを試したりしていますが、どのサイトを利用していても、それが悪徳なサイトでなければ、メル友をゲットするところまでは難しくありません。
でも、メル友として知り合ったらもうそれで終わりというパターンが非常に多いのです。
なかなかよい関係が維持できないんですよね、男女の関係はそれほど簡単なものではないということくらいわかっているのですが、それでも「せっかく知り合うことができたのに、よい関係が長続きしないのはもったいないな」といつも悔しくなります。

当然のことながら、私の他にも出会い系サイトを利用している人は大勢いて、実際に自分が望むような素敵な出会いを実現できている人はいるわけなので、よけいに「出会い系サイトを利用しているのは同じなのに、どうして自分は素敵な出会いを実現できないのか」という焦りはあります。こういう焦りについては、共感してくださる方も多いのではないかと思います(関連記事一覧→SEXアプリ利用法)。

私は最近になって、相手が恋人候補の異性だからどうとか、この人はあくまでセフレ候補だからという理由で、むやみに態度を変えたりしないほうがいいのではないかと思うようになりました。
実際にそういうふうなアドバイスをしている出会い系サイトの情報を見かけたんですけど、これがどういうことかといえば、要するに、相手がセフレ候補の女性だからといっていい加減に扱うとか、恋人同士の関係に比べて相手のことをないがしろにするとか、そういう接し方をやめた方がいいというアドバイスでした。

そんなことは当たり前ではないか、という人が多いと思います。
しかしながら、心のどこかで、セフレという関係に比べれば、恋人同士の関係のほうがランクが上だという考えを持っていると、どうしてもセフレと接したときに「いい加減に接するような態度」が出てしまうのです。
そして、自分が大事にされていないのではないかという感覚は、特に女性の場合、敏感に感じ取りますので、自分にとってその女性がどういう候補なのかという理由で接し方を変えるべきではないということです。

セフレ候補の女性であろうが、恋人同士の関係であろうが、相手のことは同じくらい大切にしましょうと、そういうことです。

もちろん、自分が例えば本命の恋人候補の他に複数の女性と関係を持っているとして、そのことは絶対に相手に悟られないようにすべきです。これも常識的な問題だとは思いますが、たまに自分のパートナーに対して、俺はこんなに持てるんだとか私はこんなに持てるんだというふうに自慢する人がいるという話を聞きます。それは自分が結局損をするだけなので、絶対にやめたほうがいいです。